エクステリア・外構工事の相場はどのぐらい?

エクステリア・外構工事費用の相場

エクステリア・外構工事の費用は、設備やデザインなどのこだわりによって費用が大きく変わり、数十万円で済む場合もあれば、数百万円かかる場合もあります。

門や塀、駐車場など必要最低限の設備を揃える場合にかかる費用として、家の建築価格のおよそ1割を工事の費用として考えるとバランスがいいとされているようです。

外構スタイル別の相場

オープン外構

オープン外構だと、塀や門がなく建材を使うものが少ないので、3つのスタイルの中では一番費用が抑えることができます。

クローズド外構

クローズド外構の場合は、プライバシー保護の観点から建物のまわりを塀で囲む分、使用する建材も多いため費用がかかります。

セミオープン外構

必要なところにだけ塀を造るため、費用はオープン外構とクローズド外構の中間ぐらいです。

エクステリア・外構工事の場所別での相場

門まわり

門まわりは、門・門塀・表札・ポストなどの門以外の場所も含まれることが多いそうです。相場としては15~30万円程度です。

玄関アプローチ

門から玄関までの道を、玄関アプローチといいます。コンクリートで全て固めてしまう方法もあれば、砂利やレンガを使ってデザイン性を出す工夫もできます。

1平米あたりいくらという計算方法が多いそうで、相場としては10〜15万円程度だといわれているそうで、総額すると50~150万円ほどだそうです。

塀・フェンス

プライバシーの保護や防犯用として設置することの多い塀やフェンスは、設置範囲によって価格が変動するようです。

塀だとおよそ100万円で、フェンスだと40~60万円程度かかるといわれています。

駐車場・カーポート

駐車場・カーポートは、自動車を所有しているなら、必ず設置したい設備です。車2台までなら、相場としては30~100万円程度を見積もったほうがいいようです。

庭の大きさや地面に敷く素材によって、大きく価格が変わります。庭に芝生を敷くなどの基礎的な工事だと、1平米あたり1万円ほどだそうです。

しかし、庭全体を造るとなると100~200万円ほどを見積もったほうがいいそうです。

ウッドデッキ

最近流行りのウッドデッキは、素材にもよりますが、大体50~100万円ほどかかるそうです。

照明・ライト

防犯や空間デザインの一環として取り入れられている照明やライトですが、相場としては約20万円になります。

センサー付きなど多機能なものを設置するとなると、もう少し高くなるかもしれません。

植栽

目隠しやシンボルツリーとして植える植栽の相場は、一式で約5~10万円といわれていますが、植栽する種類にもよるそうです。

物置

小さい物置ですと約3~5万円大きくて防犯性の高いものになると50~100万円程度と幅広く取り扱いがあります。

テラス・ガーデンルーム

雨の日の部屋干しやリビングの延長線上として活用ができるテラスなどの設置費用は、約100~400万円かかるといわれているそうです。

ただし、グレードによって大きく変動するようなので、実際に確認してみてください。

エクステリア・外構工事の費用を抑える工夫

素材を変える

似たようなデザインでも、素材が違うだけで費用を抑えることが可能です。例えば、玄関アプローチに敷く素材を天然石材ではなく、土間コンクリートの方が低価格です。

他にも、低価格でも高品質な素材はあるので、業者さんと相談してみてはいかがでしょうか。

自分でする(DIY)

例えば、植栽なら近くのガーデニングショップで購入して自分で植えることができますし、表札やポストも自分で用意することが可能なので、業者さんに頼まなくても自分でできそうな部分は自分で造ることで、費用を安く抑えることが可能になります。DIYというやつですね。

シンプルなデザインにする

凝ったデザインにすればするほど、費用はかさんでしまいます。なので、できるところはシンプルにすることで、費用を抑えることができるようになります。

他にも、フェンスや塀を必要な部分にだけ造る、といった工夫もあるのです。

最低限の工事だけにする

本当に必要な設備はどこかを考えて造ると、費用を安く抑えることができるでしょう。

考えているうちにこだわりが出てきてしまうかもしれませんが、冷静になって必要な設備を考えることが大切です。

エクステリア・外構の専門店に頼む

ハウスメーカーに頼むと、仲介料などの費用が発生してしまい割高になる可能性もあります。

そこで、エクステリア・外構の専門業者さんに直接頼むことで、仲介料などの費用がかかることなく造ることができます。

見積もりは無料の業者さんが多いので、気になったら一度相談だけでもしてみるといいかもしれません。

まとめ

  • エクステリア・外構工事の相場はこだわりやデザインや規模によって変動するので、一概にこの相場といったことが難しい設備です。
  • エクステリア・外構工事のどの設備に投資するか、どの部分をこだわり、どの部分をシンプルにするかなど、メリハリのある設備投資を心がけることで予算オーバーをせずに済むかもしれません。
  • 自分でできる部分は自分ですることによって、さらに費用を抑えることも可能です。あなただけの素敵なエクステリア・外構を造ってください。